カードローンやキャッシングなどによる借金の悪質な取立への対応策 カードローン、キャッシング知れば安心安全


街角法律相談所無料シュミレーターはコチラ

カードローンやキャッシングなどによる借金の悪質な取立への対応策

カードローンやキャッシングで出来た借金への金融業者からの
悪質な取立てへの対応策というものもしっかり認識しておく
必要があります。



例えば、法律による規制が出来たとはいえ、中には、債権の
取立てで、業者に暴力を振るわれたなんてこともよく聞く話
です。


そういう場合には、刑法の暴行罪が成立します。

また、その業者は、貸金業規正法の取立て行為規制に違反
することにもなります。


暴力を受けたら、その時点で取立屋を刑事告訴することができ、
監督行政庁に業務停止などの行政処分の申し立てもできます。




業者によっては、債権を回収するために“告訴”をすると
いって脅しをかけてくるモノもいますが、これは特に気にする
必要はありません。


むしろ、このような方法をとることで脅迫罪として逆に告訴する
ことができるかもしれません。





悪質取立てへの損害賠償請求

不当な取立によって、精神的な打撃を受けた場合は、債権者に
対して損害賠償の請求をするということもできます。


どういう場合が不法行為に当たるかはケースバイケースなので
はっきりといたことはいえませんが、仕事先や自宅周辺などで
大きな声を出して返済を迫ったり、返済を要求する張り紙など
を貼る行為や、支払い義務のない親族宅を訪問して「請求権」
を主張し親族へ返済を迫ったりすることは、過去の判例でも
損害賠償が認められているようです。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。