借金の責任は家族には原則としてない カードローン、キャッシング知れば安心安全


街角法律相談所無料シュミレーターはコチラ

借金の責任は家族には原則としてない

借金の取立のシーンをドラマなどを見ていると、家族の誰かが
作った借金を請求しにくる場面がよくあるせいか、サラ金など
からの借金に嫌悪感を持っている人は少なくなと思います。




しかし、実際には、保証人や連帯保証人になっていない限り、
親子・兄弟など家族のした借金でも、他の家族に支払い義務は
一切ないのです。


業者が支払い義務のない親族などに支払い請求などの取立てを
すること自体、金融庁のガイドラインで禁止されていること
なのです。



仮に、未成年者が親の同意なしに行った、金銭の借り入れ契約
も、取り消すことができるんです。


業者の方でもそういった取り消しを防ぐために、契約書に親の
署名捺印などを求め、形式上親の同意を得た形をとったりする
のですが、これも親に無断で形式上同意を得たとしてもその
行為自体が無効になります。



また、似たケースでは、夫の作った借金を妻が支払うという
モノがありますよね。


これも、基本的には、夫が勝手に作った借金については、
妻には返済の義務はないようです。



もちろん、逆の場合もそうです。
(妻の作った借金を夫が支払うというケース)



しかし、民法では、使い道によっては、そうでない場合も
あって、そのポイントになるのが、


  日常家事責務


の判断基準です。



日常家事責務となるのは、生活必需品の購入費、家賃、電気
ガス、水道代、医療費、教育費などが該当するとされている
のですが、それが該当するかどうかはココのケースによって
違ってくるようです。



まぁ、基本的には、借金についての責任は、原則として本人
以外の家族にはないということになんですね。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。