借金整理の方法 その2 カードローン、キャッシング知れば安心安全


街角法律相談所無料シュミレーターはコチラ

借金整理の方法 その2

カードローン、キャッシングによる借金の整理方法には、
『任意整理』、『特別調停』、『民事再生』
というものがあります。



今回は、その中の


   『特別調停』


についてお話します。





★特別調停による借金整理法


「特別調停」は、裁判所を通じて行う債務整理の方法です。

特定調停は、サラ金などの借金で


 「支払い不能に陥るおそれのある債務者等の経済的再生」


のため手続きで、簡易裁判所の調停委員が間に入り、債権者と
借金額や支払方法の変更について話し合う債務整理方法です。

まぁ、簡単に言えば裁判所における任意整理でしょうか。





「特別調停」は、裁判所のなかでも簡易裁判所という
ところに、調停の申し立てを行います。


その際にかかる費用は、調停を求める金額(負債総額)によって、
決まっているそうです。


このほかにも、一定の郵便切手を納めなくてはならない決まり
になっているそうです。



特別調停で話し合いがつけば、裁判所が『調停調書』というものを
作成し、債務者はそれに従って、返済を行うことになります。


この調停調書は、判決と同じ効力があるそうですよパンチ



特定調停のメリットとしては、費用が安く、手続も比較的
簡単なことや、複数の債権者の管轄裁判所が異なっていても、
1つの簡易裁判所申し立てることができます。
また、申し立てをした時点で業者は督促行為をできなくなると
いうこともあります。


しかし、デメリットもあります。
 
例えば、調停成立後、支払いが遅れたりすると給料差押え等の
強制執行される恐れや 債権者が多い場合、債権者が調停に応じず、
調停が不調に終わる場合もあったり、調停委員により、調停の
進行にばらつきがあることもあるそうです。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。