ブラックリストは存在する!? カードローン、キャッシング知れば安心安全


街角法律相談所無料シュミレーターはコチラ

ブラックリストは存在する!?

 よく、決済が出来ないと、


  “ブラックリスト”


 に載るなんてことをいいますよね。



 あの、ブラックリストって一体何なんでしょうね?


 第一、ブラックリストって本当にあるんでしょうか?




 実は、ブラックリストというのは、




   “ 存在しない ”


 
 のです。




 しかし、個人情報ネットワークというものに、延滞情報が記録
 されることになるそうです。


 俗にいう「ブラックリストに載る」というのは、個人信用情報
 ネットワークに記録されることが大げさに伝えられた、いわば
 都市伝説のようなものです。



 もちろん、数ヵ月の長期にわたる延滞は、ひとつの事実として
 記録されるようです。


 しかし、返済が1日くらい遅れた程度ではトラブルとして記録
 されることはないし、「身辺調査で知られてしまい、就職や
 結婚などに悪影響を及ぼす」などということもないんです。


 そのかわり、大手の個人信用情報機関では、

   「3ヶ月以上入金がない場合」」


 は、「延滞情報」として登録すると定めています。
 その一度登録された「延滞情報」は、5年間は消えません。



 万が一、返済が滞りそうになったら、真っ先にお金を借りている
 会社に連絡をして相談し、できるだけ早くスムーズな解決できる
 方法を模索するようにしたほうがベストです。



 「ブラックリスト」という見えないモノを恐れるあまり、必要な
 ときにローンを利用することをしり込みすることはありません。

 それに、延滞を恐れるあまり、別のローンに手を出し債務を増やす
 ような自転車操業的な方法も決して正しい解決方法ではありませ
 ん。



 ローンと正しいお付き合いをするために重要なのは、妙な噂を
 信じるのではなく、正しい情報と知識をしっかり身につけること
 です。


 そして、困ったときに一人で解決しようとするのではなく、まず
 借り先に相談をして、解決策を模索する。

 また、弁護士など専門家に相談するということも頭にしれておき
 ましょう。





 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。