カードローン、キャッシング利用者は、金利を自由に選ぶことができる? カードローン、キャッシング知れば安心安全


街角法律相談所無料シュミレーターはコチラ

カードローン、キャッシング利用者は、金利を自由に選ぶことができる?

 カードローンやキャッシングのチラシなどを見ていると、
 金利のところに、




  「実質年率8.0%〜29.2%」



 と書いてあるのを見たことはありませんか?


 それほど大きな字ではないので、見逃している人もいるかも
 しれませんが、とにかく、「実質年率8.0%〜29.2%」
 書かれています。



 これだけを見ると、8.0%〜29.2%までの間で、自分に合った
 金利を選べるのかな〜って思ってしまいますよね。



 しかし、実際にはそんなことはありません。


 ローン金利は、我々利用者が、


   「 この金利で! 」


 と、希望したところで、その金利になることはありません。


 ローンの新規申込みを受付けた金融会社は、個人信用情報や、
 申込み者の年齢、勤務形態や年収、居住状況などといった属性
 データをもとにあなたを審査します。



 そこで、借り入れ可能かどうかを判断し、借り入れの限度額、金利
 などの条件が設定されます。


 
 とはいうものの、金利はあなたの信用度によって変わってくる
 こともあるんです。


 というのも、最初はお金を貸す側も、あなたのことがよく分かり
 ませんから、リスクを避けるためにも、高めの金利を設定したり
 限度額を低めにしたりしますが、あなたが、毎回しっかりと返済
 をすることで、信用度が上がれば、その後の利用実績に併せて、
 優遇的な金利を得られたり、限度額などが拡大するということも
 あるんです。 



 そういう意味では、返済能力の範囲内で、計画的に借り入れ返済を
 行っていれば、いざという時に、好条件でお金を借りることができ
 るということにつながることもあります。


 
 先にも、お話しましたが、最初は貸す側にすれば、


 「この人信用できるかなぁ」

 と、不安になり、限度額も金利も条件的にはよくありません。


 そりゃそうですよね。


 いきなり、知らない人に多額のお金を貸すわけですから、信用が
 置けない人には、条件も厳しくなって当然です。



 しかし、普段からお付き合いがあり、信用が置ける人だと判断でき
 れば、それに応じて、優遇的な条件を提示することも可能になりま
 すからね。



 そのためにも、お金を借りる場合は、堅実にローンとつきあい、  「信用」を得られるようにしておきましょう!








 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。